PT工法(トンネル補修・補強工法)

PT工法は、マグネラインの高い付着耐久性と薄厚施工の技術を応用し、劣化したトンネルの補修・補強に適応されています。トンネルの内空断面の建築限界を犯すことなく、はく落防止から変状トンネルの補強まで多様なニーズに対応できます。

特長

  • 1.

    補強部の部材厚が薄くできます

  • 2.

    既設覆工コンクリートと同じ無機質材なので補修・補強部が一体化します

  • 3.

    死荷重の増加が微少です

  • 4.

    施工面が湿潤状態でも施工ができます

  • 5.

    同一材料で施工するので、連続作業ができます

  • 6.

    引火、爆発、中毒の心配が無く、工事が安全にできます

  • 7.

    補強後は目視点検ができます

補強鉄筋イラスト

覆工コンクリートを補強する場合は、鉄筋または格子鉄筋にて補強します。また、断面修復やはく落防止には溶接金網や連続繊維シートを設置し補修します。

適用

  • 1.

    裏込め注入に伴う内面補強工

  • 2.

    覆工コンクリート保護及びはく落対策工

  • 3.

    変状トンネル対策

トンネルイラスト

トンネル覆工裏面へ裏込め注入をする場合、既設覆工の崩落の恐れがある時は、内面補強を行う必要があります。

施工フロー

STEP

施工前(step1)
施工前

施行中/足場状況 (step2)
施行中/足場状況

増厚工(step4)
増厚工(step4)

施工完了
施工完了

※1:吹付け施工もしくは左官施工で増厚します。

※2:必要に応じて行ないます。

工法紹介

  • PSR工法
  • PP工法
  • PT工法

設計・施工マニュアル(案)

PAE系ポリマーセメントモルタルを用いたコンクリート構造物の補修・補強に関する設計・施工マニュアル(案)

詳細はこちら

マニュアルのご請求はこちら

PAGE TOP