協会組織 / 入会案内

組織図

主旨および目的

建設事業は今後も長期に渡って新設工事が縮小するのに対し、補修補強工事は拡大基調で推移する傾向が続くと推測されております。本協会は、マグネラインを活用した新工法の開発も含めた維持補修補強工法を普及させ、社会資本の長寿命化に貢献することを目的とします。

会員の種別

社員会員

本協会の設立時に入会した個人又は法人で、総会における議決権を有する会員です。

40社

一般会員

土木構造物の補修補強工事施工を行う個人又は法人、もしくは建設資材を扱う個人又は法人。総会における議決権はありません。一般会員(新規入会)となるには、理事会の定めるところにより申込みをし、理事会の承認を受けなければならない。

80社

賛助会員

上記一般会員に該当しないが本協会の事業に賛同する個人又は法人。総会における議決権はありません。賛助会員になるには所定の申込書を本協会事務局に提出し理事会の承認を得ることが必要です。

2社

特別会員

本協会の事業の推進に必要な専門性を有し、理事会において推薦かつ承認された個人又は法人。総会における議決権はありません。

委員会

本協会の目的を達成するために必要な専門性を有する学識経験者で構成します。

会費等

社員会員 / 一般会員 入会金 100,000円 会費/年 80,000円

事務局

一般社団法人 PCM工法協会
General Incorporated Association of PCM Method
事務局長 柴田将志
〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビルA館12F 前田工繊(株)内
電話:03-3578-3277(代) / FAX:03-6402-3945

マニュアルについてのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

こちらのフォームに必要事項をご入力の上、送信してください。

電話またはFAXでのお問い合わせ

一般社団法人 PCM工法協会  事務局長 柴田将志
電話:03-3578-3277(代) / FAX:03-6402-3945

工法紹介

  • PSR工法
  • PP工法
  • PT工法

設計・施工マニュアル(案)

PAE系ポリマーセメントモルタルを用いたコンクリート構造物の補修・補強に関する設計・施工マニュアル(案)

詳細はこちら

マニュアルのご請求はこちら

PAGE TOP